• 日本ホメオパシーセンター総本部 TEL:03-5352-7750 【営業日】火・日(定休日:月・祝) 【予約受付時間】9:30〜17:30
  • お問い合わせフォーム
  • ホメオパシーとは
  • こんな症状に
  • お客様の声
  • 当センターをお薦めする理由
  •  健康相談案内
  • よくあるご質問

こんな症状に

高齢者特有の疾患

  • クライアント
  • Tさん 女性 65歳
  • 担当ホメオパス


  • 片桐 航
    HMA認定ホメオパスNo.928
    JPHMA認定ホメオパスNo.012/JPHMA認定アニマルホメオパスNo.A0016
  • 担当ホメオパス








  • 主訴:リューマチ(肩や手首、手の平、指の痛み)
    現病歴:1998年秋、布団を持って両手を広げた時に左肩に「ガク」と音がした。その後時々痛むが、1999年1月使いすぎか風呂上りに急に痛みが増し、慢性的な痛みになる。(夜中も痛みが続く)常に肩に気遣って生活する。徐々に右肩も痛くなる。採血で、リウマチ検査2+になる。2003年、4月、右足裏、筋肉痛。5月、右肩痛。6月、右手小指付け根、くるぶしが赤く腫れて熱を持っている。左足首痛。膝の裏の痛み。右手首、赤く腫れて痛い。右膝蓋骨外側が痛い。
    そのほかの症状:副鼻腔炎。耳鳴り。ガス腹。
    特徴:リューマチは雨、台風などで著しく悪化する。関節は赤く腫れて痛い。
  • タイムライン

  •   0 歳
  • 7歳ぐらいまで体が弱かった。鍼に通う
  •  14 歳
  • 扁桃腺炎で高熱
  •  30 歳


  • 乳腺腫、手術。慢性胃炎、繰り返す。目の辺りがかさつく、痒みが出る。
    1〜4月ごろまで、毎年手の親指、ばね指になる。
    シャンプーの後いつも一時的に右目が結膜炎になる。
  •  50 歳

  • 腰痛、足指の痺れ。子宮筋腫、手術。
    杉の花粉症。左右五十肩
  •  55 歳


  • 冬は外出の時、風が目にしみる。乾燥する。
    秋から足が痒くなる。風邪から肺炎になる。
    薬で肝臓も少し悪くした。
  •  60 歳

  • 左手中指、ばね指になる。
    リウマチ検査2+になる。手首、手の平が痛くなる。
  • 相談会の様子

  • 〜蠱眠 5回目(1回目の相談会から7ヵ月後)
    リューマチの痛みが無くなった。Rhodは自分にあっていると思う。喉に垂れてくる副鼻腔炎3割ほどになり、耳鳴りは気にならなくなった。

    ∩蠱眠 6回目
    お腹が張る事が無くなった。腰痛も無い。リューマチ反応2+変わらず。痛みが起こらず安定している。

    A蠱眠 7回目(2008年9月)
    台風のとき、つま先痛くなった。Rhodとる事で治まる。全体的に調子が良い。

  • 結論

  • ●レメディー選択
    Rhod.(ロドデンドロン)Thuj.(スーヤ)を中心にレメディーを選ぶ。指が腫れて痛む時はFerr-p.(ファーラン・フォス)で対処してもらう。

    その後、何度か痛みが戻ってくる事があったがRhod.,Ferr-pを数日とる事でおさまる時期が続き、それから半年経つと痛みが起こる事も無くなった。さらに半年経った血液検査ではリウマチ抗体が見られなくなった。痛みから開放され、旅行や出かける機会が増え、10歳くらい若返ったように見える。

    ※ホメオパシー療法では、似たような症例でもその方のこれまでの生き方や生活環境などによって、レメディー選択やアプローチも異なってきます。つまりホメオパシー健康相談においては、あなただけのオーダーメイドのアプローチとレメディーが必要となります。お悩みをお持ちの方や何かお困りの方は、お近くのホメオパシーセンターへご相談ください。