• 日本ホメオパシーセンター総本部 TEL:03-5352-7750 【営業日】火・日(定休日:月・祝) 【予約受付時間】9:30〜17:30
  • お問い合わせフォーム
  • ホメオパシーとは
  • こんな症状に
  • お客様の声
  • 当センターをお薦めする理由
  •  健康相談案内
  • よくあるご質問

こんな症状に

女性特有の悩み

  • クライアント
  • Aさん 女性 33歳
  • 担当ホメオパス


  • 上村 悦子
    日本ホメオパシーセンター東京本部
    JPHMA認定ホメオパスNo.037/HMA認定ホメオパスNo.1023
  • 担当ホメオパス


  • 生理中の激しい寒気・吐き気と嘔吐・腹痛。
    (14歳ごろ発症。20歳ごろ1年間無月経。30歳で出産したあと軽減したが、数ヶ月前からまた悪化。またああなるかと思うと毎回不安)
  • タイムライン

  •  3〜5歳
  • アトピー性皮膚炎(薬は使用せず)
  •    9歳
  • 父が統合失調症に→ 兄をよくどなった。
  •   14歳
  • 生理痛始まる(以後、毎回鎮痛剤使用)
  • 中・高校生
  • 兄から暴力を受ける
  •    21歳
  • 交通事故で頭を打ち、くも膜下出血(手術せず自然に吸収)。
  •    29歳
  • 子宮筋腫の内視鏡手術。
  •    32歳
  • 半年前、母が勤務先の会社の金を横領していたことが発覚
  • 相談会の様子

  • 〜蠱眠 1回目(2005/12/09)
    不穏な家庭で甘えることもせず育ち、成人してからは両親に頼まれてお金を貸し続けてきた。1年前に「もう貸さない」と宣言し、安堵と罪悪感。母はつねに兄をかわいがってきた。母と兄への怒り。
    レメディー:Carc.(感情の抑圧、罪悪感、台風好き) Ipec.(生理時の不調)

    ∩蠱眠 4回目(2006/03/29)
    生理時に吐かずにすんだ。痛みも軽減。母への怒りが悪化。兄への嫉妬にブレーキをかけているかもしれないと気づく。
    レメディー:Nat-m.(手のイボ、嫉妬)

    A蠱眠 5回目(2006/05/18)
    イボがとれた。私はさびしいんだと気づく。初めて母がかわいそうだと思った。やっぱり母が好き。

    ち蠱眠 7回目(2006/11/30)
    Arn.をとって吐き気。事故で負傷したときの気持ちを思い出した。生理中には吐き気も寒気も頭痛もなく、静かな感動。

    A蠱眠 12回目(2007/11/22)
    皮膚のかゆみ。Op.で悲しみ浮上。発熱。拒絶される恐怖。兄への恐怖。事故やけがへの恐怖。
    レメディー:Acon./Arn.(事故と虐待の恐怖と衝撃)

    A蠱眠 14回目(2008/03/06)
    予兆もなくすんなり生理が来て、生理中の不調もなし。恐怖も薄れた。自分が元気で幸せになることへの罪悪感。
    レメディー:Cycl.

  • 結論

  • 子供時代に十分な安心と愛情を得られずに育った方は、自己否定や罪悪感の感情を抱きやすいようです。女性の自己否定は、女性性の否定にもつながり、生理や生殖器の問題となって現れることがあります。この方の場合もそうでした。
    さらにお兄さんからの暴力や事故の打撃によるトラウマが、治癒力を妨害していたようです。心身の傷をご自身の力で癒していくには時間がかかりますが、根気よく通っていただいたおかげで、トラウマを一つ一つ乗り越え、とてもよくなりました。
    その過程で少しずつご自身の感情と親しくなり、お仕事や人付き合いに受身ではなく積極的に関わりはじめ、見違えるように生き生きなさっていく様子が印象的でした。


    ※ホメオパシー療法では、似たような症例でもその方のこれまでの生き方や生活環境などによって、レメディー選択やアプローチも異なってきます。つまりホメオパシー健康相談においては、あなただけのオーダーメイドのアプローチとレメディーが必要となります。お悩みをお持ちの方や何かお困りの方は、お近くのホメオパシーセンターへご相談ください。