• 日本ホメオパシーセンター総本部 TEL:03-5352-7750 【営業日】火・日(定休日:月・祝) 【予約受付時間】9:30〜17:30
  • お問い合わせフォーム
  • ホメオパシーとは
  • こんな症状に
  • お客様の声
  • 当センターをお薦めする理由
  •  健康相談案内
  • よくあるご質問

こんな症状に

皮膚疾患

  • クライアント
  • Iくん 男の子 1歳
  • 担当ホメオパス



  • 由井 寅子
    ホメオパシー博士/日本ホメオパシーセンター総センター長
    JPHMA認定ホメオパスNo.001/JPHMA認定アニマルホメオパスNo.A0001
    HMA認定ホメオパスNo.490/ARH認定ホメオパスNo.507
  • 担当ホメオパス





  • 左耳からとびひのような発疹
    健康状態:頭の骨がとても柔らかい(頭の変形がある)。顔・耳は特に左側がただれている。
    手足は冷たい。排便2〜3回/1日。
    体質:昼過ぎは元気。12時就寝。8時起床。眠くなるとうなる。手足は冷たい。
    性格:怒ると手がつけられない。20分ぐらい泣き続ける。声も大きい。入浴は好き。
    既往歴:子供のかかる病気にかかっていない。
  • 病状の経過
    病状の経過 図
  • タイムライン

  •  妊 娠
  • 4ヶ月前に流産をしたため、安定期に入るまで慎重にしていた。
    恥骨が痛む・むくみが取れない・鼻水・咳がひどい
  •  0 歳



  • 38週で反復帝王切開(それにともないX線検査を受けている)。体重3,214g。
    麻酔の注射がとても怖く針を刺されるのがとにかく怖い。
    麻酔後、血圧が下がり気持ちが悪く吐きそうになる。
    黄疸が長かった(約2ヶ月)
  •  2ヶ月
  • 体重5,940g。頭が変形した(後頭部がぜっぺき)。骨がやわらかい。
  •  4ヶ月
  • 2月7日風邪をひく(鼻水・咳・痰)。その後、ただれが酷くなった。
  •  5ヶ月
  • 体重9,035g。手と膝下の冷えがひどい。
  • 相談会の様子

  • 相談会の様子 〜蠱眠1回目(2008/01/10)
    左耳がくさいと生後3ヶ月くらいから感じていた。
    てっきり耳あかだと思い込み(外耳の上のあたりを)綿棒でとっていたらやりすぎて出血。
    12月に入り風邪を引いたら湿疹が広がり始めた。
    掻く事も増え、血が出たりしながら、もみあげ→額へと広がり、右耳も掻くようになってきた。
    レメディー:
    ・Acet-ac.…抗生物質用のレメディー、麻酔の害。
    ・Bac.…麻酔用のレメディー、真菌。

    ∩蠱眠4回目(2008/04/25)
    ふちのある湿疹が足と右の腕にも広がった。
    眼球の血管が切れた。うんちがすごく出るようになった。
    おならのにおいが変わり臭さが減った。
    レメディー:Sep. 痒みにMT)Urtica urens Pet11と麻酔用のレメディー。

    A蠱眠5回目(2008/06/19)
    皮膚はよくなった。

  • 結論

  • まず、麻酔の害出しなどの薬害を排泄するためのレメディーにより、一時的な好転反応として、抑圧されていた体毒が発疹として体中に広がる。(慢性状態だったものが急性状態として発現)
    症状が腺の腫れとしても現れたが、腺のレメディーMerc-sol.で対処。やがて発疹は体上部から下部へと移動し(治癒の方向性)体毒を出し切って皮膚はきれいになった。
    痒みに良いマザーチンクチャーMT)Urtica urens Pet11が良かった。


    ※ホメオパシー療法では、似たような症例でもその方のこれまでの生き方や生活環境などによって、レメディー選択やアプローチも異なってきます。つまりホメオパシー健康相談においては、あなただけのオーダーメイドのアプローチとレメディーが必要となります。お悩みをお持ちの方や何かお困りの方は、お近くのホメオパシーセンターへご相談ください。