• 日本ホメオパシーセンター総本部 TEL:03-5352-7750 【営業日】火・日(定休日:月・祝) 【予約受付時間】9:30〜17:30
  • お問い合わせフォーム
  • ホメオパシーとは
  • こんな症状に
  • お客様の声
  • 当センターをお薦めする理由
  •  健康相談案内
  • よくあるご質問

こんな症状に

皮膚疾患

  • クライアント
  • Nくん 男の子 1歳
  • 担当ホメオパス



  • 由井 寅子
    ホメオパシー博士/日本ホメオパシーセンター総センター長
    JPHMA認定ホメオパスNo.001/JPHMA認定アニマルホメオパスNo.A0001
    HMA認定ホメオパスNo.490/ARH認定ホメオパスNo.507
  • 担当ホメオパス









  • 食物アレルギー、アトピー、中耳炎
    現病歴:生後直ぐより、顔、背中、頭に湿疹が出る。
    小児科で薬を処方、塗布。全くよくならず悪化。湿疹が厚くなり、頭はトビヒ状態。
    皮膚科で「アトピー性皮膚炎」と診断、ステロイドと保湿と飲み薬を処方される。
    トビヒも耳まで広がり、抗生物質で治療。
    健康状態:頭に黄色いかさぶた状の湿疹。額に小さいイボ。歯は未だ2本しか生えない。手首足首背中に蒙古斑。排便1日3回。
    体質:汗をかく。水分摂る。帽子は絶対被らない。
    性格:周囲に人がいるのを好む。外出が好き。散歩中歌を歌う。
    よく泣く。髪を洗うのが大嫌い。
  • タイムライン

  •  妊 娠
  • 貧血が酷い。増血剤を注射(10本)。頭痛があり頭痛薬を飲む。
  •  0 歳
  • 1週間早い。微弱陣痛で促進剤使用。3,292g。母乳。風邪薬の漢方薬を飲む。
  •  1ヶ月
  • 乳児湿疹
  •  4ヶ月
  • BCG予防接種。チーズで体に赤いブツブツ。血液検査でアレルギーあり。
  •  5ヶ月


  • 中耳炎。顔・頭・背中・足の湿疹が悪化。ステロイド塗布開始。
    三種混合予防接種(DPT)を3回受ける。頭のトビヒが一面に広がる。耳にも。黄色の汁が出て痒がる。
  •  7ヶ月
  • ポリオ予防接種。トビヒがよくならず強い抗生剤を飲む。中耳炎で切開。
  •  8ヶ月
  • 中耳炎で切開。突発性発疹。中耳炎で切開。
  •  9ヶ月
  • また中耳炎。Puls.で対処。これ以降中耳炎にはなっていない。
  • 10ヶ月

  • 健康診断で食物アレルギー再検査。アレルギー値のスコアアップ。口の周りのジュクジュクした黄色のかさぶたの湿疹が治らない。
  •  1 歳
  • ホメオパシー開始
  • 相談会の様子

  • 相談会の様子〜蠱眠顳渦麑棔2007/09/01)
    4×3センチの腫瘍。悪性リンパ腫の疑いと診断され、入院を勧められた。病院の「何が原因かは不明だが、とりあえず投薬」という方針に母は納得できない。
    「レメディーで何とかならないでしょうか。」
    レメディー:Bar-c.Hep.Carc.10M Ferr-p.9X/Cupr-ars.12X Merc-i-r.1M/Alum.10M Antibio-D.Pyrog.30C

    ∩蠱眠2回目(2007/09/07)
    こぶの大きさもひとまわり小さくなったような気がするが、固くコリコリしていて4〜5cmの大きさがわかる。痛みはなし。元気はとてもあり、走り回り笑顔もある。耳下腺にも小さなコリコリ。
    ネコひっかき病と言われ、病院を退院。
    CTにより小さくなったことは認められたが、抗生物質投与では大きな変化は認められなかった。
    レメディー:カビ用のレメディー

    A蠱眠4回目(2007/11/07)
    首元、耳のびらんした(ただれた)状態が改善。傷口が小さくなっている。毎日2〜3回のドロドロの便だったのが、1日1〜2回で、わりと形のある便になった。
    とても言葉を理解し話すようになった。乳歯の数も不足し歯生も遅いので、言葉は遅いと言われていたので驚いた。表情が豊かになり、動きが機敏になった。
    レメディー:BCG予防接種・三種混合予防接種(DPT)用のレメディー

    ち蠱眠5回目(2007/12/20)
    首のリンパがよくなった。触ってコリコリしていたのが激減した。皮膚の赤味、輪郭は減った。汁や出血も減った。顔の発疹は額から下の方へ。
    レメディー:栄養(胃腸)サポート用レメディー

    チ蠱眠8回目(2008/08/22)
      きれいに。

  • 結論

  • このケースは、医原病(※1)が引き金となって起こったものと思われます。
    この子どもは、アトピーのほかに食物アレルギーを持ち、耳下腺炎で何度も耳を切開しています。体内にあらゆる異物がたまった結果として「症状が出ている」ということはホメオパシーの考え方に沿った、治癒の方向であるので決して悪いことではありません。ただ、このケースはあらゆる要因が重なっているため、一足飛びに改善、というわけには行きません。
    しかし、由井総センター長が長年の研究から見出した、「病理+医原病+マヤズム(※2)」の3方向アプローチによって、改善が難しいと考えられるケースでも着実に成果を積み重ねています。

    ※1…医原病:医療行為が原因となって起こる病気や障害のこと
    ※2…マヤズム:ホメオパシーの専門用語で遺伝的傾向のこと


    ※ホメオパシー療法では、似たような症例でもその方のこれまでの生き方や生活環境などによって、レメディー選択やアプローチも異なってきます。つまりホメオパシー健康相談においては、あなただけのオーダーメイドのアプローチとレメディーが必要となります。お悩みをお持ちの方や何かお困りの方は、お近くのホメオパシーセンターへご相談ください。