• 日本ホメオパシーセンター総本部 TEL:03-5352-7750 【営業日】火・日(定休日:月・祝) 【予約受付時間】9:30〜17:30
  • お問い合わせフォーム
  • ホメオパシーとは
  • こんな症状に
  • お客様の声
  • 当センターをお薦めする理由
  •  健康相談案内
  • よくあるご質問

QX-SCIOセッションのご案内

■QX-SCIOセッション内容

QX-SCIOセッションでは、QX-SCIOを利用し、生体のエネルギーの状態の測定や修正を試みます。
特に、会話のできない赤ちゃんやペット、あるいは意思疎通の難しい精神疾患の方、自閉症・多動児などにもご利用いただくことができますので、是非一度お試しください。

1.基本測定+2.基本修正 +3.コース別セッション(下記のコースより2つ)

1.基本測定 2.基本修正
被験者、SOC指数、バイオリズム、キャリブレーション、測定、ザップ、原因と悪化 超意識トリートメント、脊椎セラピー、最初のサーコード結果、神経感情複合体(NEC)、ホメオパシーと栄養、リスクプロファイル、バーチャルドクター
3.コース別セッション
1.筋骨格コース 2.栄養コース 3.スピリチュアルコース
短時間セラピー、時間設定セラピー、リフレクソロジー、 頭蓋仙骨、痛み/筋肉/神経/循環/リンパ/消化/目/洞、 スポーツプログラム 栄養詳細、上級レメディーリスト、推奨食品、酵素セラピー、ホルモン安定セラピー 潜在意識の反応、過去世プログラム、サブスペース形態伝送、スケーラー、オーラ
4.メンタルコース 5.デンタルコース 6.臓器・血液コース
感情+生物学的流れ、感情/神経伝達チャート、生存意識、メンタルNLP(個人NLP) デンタル、デンタルテーブル、歯のチャート、顎関節スキャン 周波数調整セラピー、臓器電気パターン、血液トリートメント、潜在性疾患因子
7.脳・神経・経絡コース 8.美容・デトックスコース  
 
脳スキャン、脳波パターンセラピー、自律神経系の刺激、経絡セラピー、経穴判定 老化防止対策、お肌の若返り、体内毒素、アレルギー因子、アレルギー修正  


・QX-SCIOに表示される測定結果の詳細については、こちらをご覧ください。
QX-SCIOセッションの詳細[PDFファイル:4,204KB]

■QX-SCIOセッションをお受けいただける方

・どなたでもお受けいただけます。
・とらのこ会会員の方にはQX-SCIOセッションを会員価格でご提供しております。セッション当日でもご入会いただけますので、ご希望の方は受付にてお申し出ください。
とらのこ会の詳細はこちら

■QX-SCIOセッションの流れ

1.QX-SCIOセッションのお申し込み
電話にてQX-SCIOセッションをお申し込みください。

※お問い合わせ先:日本ホメオパシーセンター東京本部  TEL: 03-5797-3136
             日本ホメオパシーセンター札幌本部  TEL: 011-633-0577
             日本ホメオパシーセンター名古屋本部 TEL: 052-533-0171

     ↓

2.QX-SCIOセッション同意書のご記入・ご送付
お申し込み時に、QX-SCIOセッションのご案内・QX-SCIOセッション同意書をお送りいたします。「QX-SCIOセッションのご案内」をお読みいただきご理解の上、同意書にご署名・ご捺印ください。同意書はセッション当日にお持ちください。

     ↓

3.QX-SCIOセッションを受ける
当日センターにお越しになりましたら、受付に「同意書」をご提出ください。
セッション当日にとらのこ会に入会される方は、受付で「とらのこ会入会申込書」をご提出頂き、入会金をお支払いください。

QX-SCIOを装着し、対面にてQX-SCIOセッションをお受けいただきます。
金属やプラスチックのアレルギーがある方・ペースメーカーを使用している方は、装着前にお伝えください。

QX-SCIOセッション中は、QX-SCIOの測定結果を分析するために様々な質問をいたします。その中には食べ物の好き嫌いや性格など、一見ご自身と無関係と思われる質問や、突拍子もないと感じる質問もあるかもしれません。又、ご自分にとって辛いこと、思い出したくないこと、聞かれたくないこと等もお聞きすることがあります。 何故このようなことを聞かれるのかと気分を害されることもあるかもしれませんが、QX-SCIOセッションではホメオパシー療法のように、表面化している問題は結果であり、問題を解決する正しい方法として、まず原因を探ることが重要だと考えます。このような質問は、ご自身の全体像や潜在意識に隠された情報を知るために大変重要であるということをご理解ください。

QX-SCIOにより特定のレメディーが示唆されることがありますが、医師や治療家による診察・治療やホメオパスの健康相談に取って代わるものではありません。QX-SCIOセッションはホメオパシー療法ではありません。症状の改善や治癒を目的とするものではありません。

■QX-SCIOについて

QX-SCIOは医療機器ではありませんので、医学的診断や治療には使用できません。また、臓器名や病名が表示されることがありますが、QX-SCIOで実際の臓器の問題や病気がわかるわけではありません。あくまでエネルギーパターンに対する反応値を測定したり、エネルギー的な修正を行っているだけに過ぎません。

QX-SCIOの機能詳細についてはこちらをご覧ください。
QX-SCIO機能の概要[PDFファイル:242KB]