• 日本ホメオパシーセンター総本部 TEL:03-5352-7750 【営業日】水・日(定休日:月・火) 【予約受付時間】9:30〜17:30
  • お問い合わせフォーム
  • ホメオパシーとは
  • こんな症状に
  • お客様の声
  • 当センターをお薦めする理由
  •  健康相談案内
  • よくあるご質問

健康相談のご案内

ホメオパシーの専門家による健康相談についてご説明します。

健康相談とは
健康相談の流れ
 1.相談会の予約を取る(相談会必要書類をご自宅に郵送いたします)
 2.ホメオパシーについて正しく理解する(とらこ先生の講演DVDを視聴)
 3.ホメオパシー質問票と同意書に必要事項を記入し、センターへ送る
 4.とらのこ会に入会する(相談会当日、受付でも手続き出来ます)
 5.健康相談を受ける
 6.健康相談会終了後レメディー適用書を受け取り、次回の予約をとる
 7.販売店でレメディーを購入する
 8.レメディーをとる


健康相談とは

ホメオパシー健康相談の様子全国の日本ホメオパシーセンターではホメオパシーの専門家(ホメオパス)による健康相談を実施しています。

→健康相談では、心や体のお悩みをご相談いただき、あなたの状態にあったレメディーをホメオパスがお選びいたします。

なお、各地にある日本ホメオパシーセンター本部の時間・料金については以下の通りです。


営業時間 【水〜日曜日】9:30〜17:30
【定休日】月・火曜日(※祝日の場合は営業します
通常の健康相談 【相談時間】45〜60分
【料金】大人:10,000円(税別)、小人・動物:8,000円(税別)
※相談終了後にホメオパスが「レメディー適用書」をお渡ししますので、記載のレメディー/アルポ/マザーチンクチャー/フラワー・エッセンスなどはレメディー販売店にてお買い求めください。
由井ホメオパシー博士
による健康相談
【相談時間】50分
【料金】大人・小人:15,000円(税別)、動物:8,000円(税別)
※相談終了後にホメオパスが「レメディー適用書」をお渡ししますので、記載のレメディー/アルポ/マザーチンクチャー/フラワー・エッセンスなどはレメディー販売店にてお買い求めください。
相談の種類 直接相談…ホメオパスとの対面相談です。
電話相談…固定電話、スカイプ(インターネットIP電話)による相談です。
通信相談…FAX、E-mail、お手紙による相談です。
動物相談…動物の健康相談です。
QX-SCIOセッション…QX-SCIOを使い、生体のエネルギーの状態の測定や修正を試みます。
キャンセル料 キャンセル料についてはご予約の際に各センターにお問合せください。
お支払い方法 ・直接相談の場合は現金にて相談料をお支払いください。
・電話相談や通信相談の場合は、相談会後に「レメディー適用書」を代金引換にてお送り します。
相談料を運送業者の方にお支払いください。


※センターにより時間や金額が異なる場合がございますので、詳細はご予約の際にお問合せください。



健康相談の流れ

健康相談の流れは以下の通りです。

【Step1】 相談会の予約を取る(相談会必要書類をご自宅に郵送いたします)
         ↓
【Step2】 ホメオパシーについて正しく理解する(とらこ先生の講演DVDを視聴)
         ↓
【Step3】 ホメオパシー質問票と同意書に必要事項を記入し、センターへ送る
         ↓
【Step4】 とらのこ会に入会する(相談会当日、受付でも手続き出来ます)
         ↓
【Step5】 健康相談を受ける
         ↓
【Step6】 健康相談会終了後レメディー適用書を受け取り、次回の予約をとる
         ↓
【Step7】 販売店でレメディーを購入する
         ↓
【Step8】 レメディーをとる



1.相談会の予約を取る(相談会必要書類をご自宅に郵送いたします。)

健康相談を受けることを決めたら、受ける日時、センター、相談種類をお選びいただき、お電話にてご予約ください。

■受ける日時とセンターを選ぶ

まずは全国に250ある日本ホメオパシーセンターの中から、ライフスタイルに合わせてご利用しやすいセンターをお選びください。
ホメオパシー健康相談では、お客様とホメオパスの信頼関係が非常に重要となりますので、途中でセンターを変えず、同じホメオパスに継続してかかることをお勧めしています。曜日ごとに担当ホメオパスが替わるセンターも一部ございますので、そちらにかかる場合は、継続して通いやすい曜日をお選びください。

■相談会の種類を選ぶ

ホメオパスとの対面での健康相談をお選びいただくことをお勧めいたしますが、お近くにセンターがない方や体調がすぐれないためセンターへ通うのが難しいという方のために、電話、スカイプ、e-mail、FAXなどでの健康相談も実施しております。

■日本ホメオパシーセンター本部連絡先一覧

センター名 TEL番号 FAX番号
日本ホメオパシーセンター東京総本部
(世田谷区用賀)
03-5797-3136 03-5797-3137
日本ホメオパシーセンター札幌本部 011-633-0577 011-633-0578
日本ホメオパシーセンター名古屋本部 052-533-0163 052-533-0164
日本ホメオパシーセンター大阪本部 06-6368-5350 06-6368-5354
日本ホメオパシーセンター福岡本部 092-738-6844 092-738-6845
日本ホメオパシーセンター英国本部 +44-(0)20-7644-9269 +44-(0)20-7644-9261

日本ホメオパシーセンター・提携クリニック検索



2.ホメオパシーについて正しく理解するために、下記とらこ先生の講演DVDを視聴

 ●Zen ホメオパシー 50分
  (下に表示されている動画からご視聴いただけます。また、本部センターにてDVDを無料でお配りしています。)




 ●さらに理解を深めたい方には、下記もお勧めです。
  「人はなぜ病気になるのか?」ホメオパシー出版140分 1,300円(税別)のDVD

ホメオパシーでは、どのような過程を経て症状が改善していくのでしょうか。
健康相談を受ける前に、まずはホメオパシーの治癒の考え方を見ていきましょう。

■病状は体の浄化作用

ホメオパシーでは、心や体に何らかのゆがみや不調和が生じると、人は病気になると考えます。
病気の症状は体の浄化作用であり、症状を出し切る(排出する)ことによって治癒へと導くというのがホメオパシーの考え方です。

■好転反応は自然治癒力が働き出したサイン

レメディーをとりはじめると、今まで抑えてきた症状が出てきて、一時的に症状が悪化したような状態になることがあります。これを好転反応と呼びます。

好転反応にはいろいろな種類があります。肉体面であれば、熱や発疹、下痢などが挙げられます。その他には、トイレが近くなったり、体がだるくなったり、非常に眠くなったりすることがあります。

精神面では、感情の噴き出しが起こることがあります。泣いたり、怒ったり、悲しんだり、落ち込んだり。今まで見なかったような夢を見るようになる場合もあります。

また、人によっては、以前かかった症状や感情が戻ってくることがあります。例えば、熱を薬で抑えたり、悲しい気持ちを我慢したことがあると、その時の状態が戻ってくるのです。

好転反応は個人差があり、出る方もいれば出ない方もいます。

ホメオパシーに限らず、鍼灸や整体、リフレクソロジーなど、自然治癒力に働きかける療法を受けると好転反応が出ることがあります。人間には本来、自分の中のゆがみや不調和を外に出す力が備わっています。 好転反応は、自然治癒力が発動しはじめ、その人が本来あるべき健康な姿へと向かっているというサインなのです。

■ホメオパシーによる治癒の過程を正しく理解するための講演会

ホメオパシー講演会好転反応について正しく理解せずにホメオパシーを始めると、好転反応をレメディーによる症状の悪化と勘違いしてしまい、レメディーをとることを止めてしまう場合があります。

それを避けるため、当センターではホメオパシーによる治癒の過程を正しく理解していただくために、健康相談をご希望の方には事前にホメオパシーの講演会への参加をお勧めしています。
講演会に行く時間がとれない場合は、当センターで約二時間の講演会DVDをご覧いただくことも可能ですので、ご希望の方はお申し出ください。講演会DVDをご覧いただく際には、視聴料としてお一人様\500をいただいております。



3.ホメオパシー質問票と同意書に必要事項を記入し、センターへ送る

ホメオパシー健康相談を初めてご予約いただく場合は、日本ホメオパシーセンターより質問票と同意書をお送りします。
質問票と同意書に必要事項をご記入の上、事前にホメオパシーセンターへお送り下さい。

■質問票とは

ホメオパシー健康相談の書類質問票には今困っている症状や今までの病歴、ご自身の性格や好みなどをお書きいただきます。 これらを健康相談の場でお伺いすることも可能ですが、「生まれたときの母親の精神状態」など、その場でお答えいただくのが難しい質問事項もありますので、事前に質問票に記入し、初回の健康相談の際にお持ちいただくよう皆様にお願いしています。質問票をお書きいただくことにより、初診時からその方に必要なレメディーをお選びすることができます。

■同意書とは

同意書には、お客様自身がホメオパシー療法について充分理解した上で、ホメオパシー健康相談を受けるということが記載されています。記載内容をご確認いただき、ご同意いただけましたらご署名・ご捺印の上ご提出ください。
なお、健康相談を受ける方が未成年やご自身での判断が困難な場合、また、ご自身でのケアが難しい場合は、保護者の方やご家族の方のご署名・ご捺印した同意書のご提出が必要となります。また、動物相談の場合は、飼い主の方のご署名・ご捺印した同意書のご提出が必要となります。詳しくは各センターへお問い合わせください。



4.とらのこ会に入会する(相談会当日、受付でも手続き出来ます)

当センターではホメオパシーとらのこ会の会員特典として健康相談を実施しております。健康相談をご希望の方には、よりホメオパシーへの理解を深めていただくためにも、事前にとらのこ会への入会をお願いしております。

とらのこ会会報 Oasis(オアシス)ホメオパシーの基本的な考えをご理解いただいている方であれば、どなたでもご入会いただけます。

ホメオパシーとらのこ会は、ホメオパシーを通して自分や家族の健康を守ることの大切さを学び、自己治癒力や自分自身への信頼を取り戻すことを目的としており、1997年の発足以来、現在までに家族会員を含め3万人もの方が入会されています。

人が本来持っている自然治癒力を取り戻し、人生を活力に満ち溢れたものへと導いてくれるホメオパシー、その体験と理解を深めるために「とらのこ会」を是非ご活用ください。

とらのこ会入会お申込みはこちら

会員の種別は、正会員、ネットワーク会員の二通りがあります。それぞれの特徴は以下をご覧ください。

会員種別 正会員 ネットワーク会員
会費
(年間)
2,000円 1,000円
会報 年4回とらのこ会会報誌「オアシス」にてホメオパシー最新情報をお届けします。 インターネット上からとらのこ会会報をダウンロードしてご覧いただきます。
家族会員について ・正会員様、ネットワーク会員様と同居のご家族の方は家族会員様としてご登録いただけます。(会費無料)家族会員様はとらのこ会の会員特典が受けられます。
会員特典 ・日本全国の日本ホメオパシーセンターで行われるホメオパシー健康相談を受けることができます。
・とらのこ会主催、JPHMA主催、カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー(CHhom)主催のホメオパシー講演会に会員価格で参加することができます。(割引率は講演会の種類によって異なります)
・正会員・ネットワーク会員の方には会報「オアシス」を年4回お届けします。(ネットワーク会員の方はインターネット上からダウンロードしていただきます)
・とらのこ会員様向け限定商品をご購入いただけます。




5.健康相談を受ける

健康相談は担当ホメオパスとの1対1の面談形式で行われます。相談時間は約一時間で、その方にあったレメディーをホメオパスがお選びいたします。

■初めて健康相談を受ける時に提出するもの

初めて健康相談を受けられる場合、まずセンターにお越しになりましたら、受付に「同意書」をご提出ください。
健康相談当日にとらのこ会に入会される方は、受付で「とらのこ会入会申込書」をご提出頂き、入会金をお支払いください。

■実際の健康相談の様子

ホメオパシー健康相談の様子健康相談は担当ホメオパスとの1対1の面談形式で行われます。まず担当ホメオパスに質問表をご提出ください。 提出いただいた質問票の記載内容を参考にホメオパスが様々な質問を行いながら、その方にあったレメディーを選択して行きます。なお、センターによっては、助手(学生)が同席する場合があります。
また、レメディー選択のサポートとして、QX-SCIO(体内エネルギーバランス測定器)を使用することがございますが、本部以外では導入していないセンターもありますので、詳しくは各センターまでお問い合わせください。



6.健康相談会終了後レメディー適用書を受け取り次回の予約をとる

健康相談が終わったら、選択されたレメディー等を記載した「レメディー適用書」をお渡しします。お帰りの際に、次回の健康相談をご予約ください。健康相談は一カ月に一回が目安となります。



7.販売店でレメディーを購入する

健康相談会で受け取った「レメディー適用書」をレメディー販売店で提示してお買い求めください。



8.レメディーをとる

次回の健康相談までの間、ホメオパスがお選びしたレメディーをおとりください。

■好転反応にはレメディー家庭用キットで対応

ほとんどの好転反応はホメオパシー家庭用キットで対応できるため、相談会にかかられる方にはホメオパシー家庭用キットのご購入をお勧めしています。ホメオパシー家庭用キットには、急性症状に対応できるレメディーが入っています。

キットの中から今出ている症状にあったレメディーを選んでおとりください。

ホメオパシーの好転反応とは何か、そして現代医学との連携の重要性について

■好転反応が治まらない場合には

好転反応が治まらなかったり、ひどく出てお困りの場合、健康相談を受けているセンターにご相談ください。